女性版のバイアグラと呼ばれるフリバンセリンとは


バイアグラといえば、男性にとっての勃起不全などの状態を改善するための薬として知られています。

そのバイアグラの女性版ともいえるような薬が、アメリカで販売されるのも近いかもしれません。

この女性版のバイアグラといわれるのは、「フリバンセリン」といわれる薬です。

この薬を服用することで、女性は性欲を向上させることにつながるといわれています。

アメリカのスプラウト・ファーマシューティカルズによって製造される薬で、現在市販のための承認を求めているところです。

これが承認されればそのまま市販されることになり、日本でも使われるようになる日が来るかもしれません。

男性が使うバイアグラの場合、勃起不全を治療するという効果を目的としているので、精力そのものを向上させるものではありません。

あくまで、機能としての勃起を改善するものですから、性欲には関係がありません。

しかし、フリバンセリンの場合には、女性の性欲減退障害を改善するという効果があり、性欲を高めることにつながるのです。

その意味では、効果としてはバイアグラとは決定的に異なるところがあるといえるでしょう。

インターネットでは、その効果から媚薬というイメージが強く持たれているようです。

女性が自分自身で性欲を減退させないために使うというよりも、男性によって悪用されるのではという不安の声のほうが強いようです。

また、フリバンセリンには服用をすることで吐き気やめまいなどの副作用も考えられますので、使用にはリスクが伴います。

正しく使われれば、夫婦の中でのセックスレスの改善などに用いられそうです。